アロマの視点から選ぶのもいいサボンのスクラブ

subpage1

サボンのボディスクラブは死海の塩を使って作られています。死海の塩はミネラルの含有量に優れていて、これを使って肌の古い角質をこすって落とすことで、きめの細かいしっとりとした肌になるのです。
イスラエルの有名メーカーであるサボンの商品は、様々な方向から楽しむことができるように作られています。嗅覚で楽しむことができるように、スクラブにも各種アロマが使ってあるので、商品ごとに違った香りが楽しめます。

サボンのスクラブが最近話題になっています。

お店のウォータースタンドでは実際にスクラブを使うことができますから、その時に香りをチェックすることが可能です。
どの香りも強すぎず、上品でほのかに感じるようになっており、さらにしばらくほんのりと体を香りが包み込んでくれるのです。


サボンのスクラブには、ジャスミンやラベンダー、バニラなどの香りが使われています。

役立つlivedoorニュースの詳細情報を掲載しています。

ラベンダーはリラックス効果があり、安眠にいいアロマとしておなじみの存在です。


入浴時に使えば眠る時もラベンダーの香りに包まれることになりますから、眠りに導いてくれるでしょう。



ジャスミンも幸福感をもたらすアロマとして人気ですし、ムスクの香りは女性の魅力を引き出してくれる香りとして、昔から使われてきました。

ダイエットを成功させたい人には、食欲を抑える効果のあるバニラの香りがするスクラブがいいのではないでしょうか。
他にも気持ちを前向きにしてくれるシトラスの香りもありますから、自分の心身に合わせて選ぶといいでしょう。